お日様は大地に潜り闇が来る

テレビのインタビューで、「焼きそば」のことを聞かれたら、君はどう返答する?「青年」って、人それぞれで印象が全然違うかもね。

ホーム

雹が降った仏滅の深夜に読書を

非常に甘い物が好みで、甘いお菓子などを自作します。
普通に自分で一生懸命混ぜて、オーブンで焼いて作っていたのだけれども、このごろ、ホームベーカリーで焼いてみた、めちゃめちゃ簡単でした。
こどもにも食べさせるので、ニンジンを混ぜたり、リンゴを混ぜたり、栄養がとれるようにもしています。
甘味料がちょっとでもニンジンやかぼちゃの甘さがあることによって、好んで口にしてくれます。
ここ最近は、スイーツ男子という言葉もメディアで言っているからごくふつうだけれど、しかし、大学の頃は、お菓子を自分で作っているいるといったら不思議に思われることが多かったです。
近頃は、そういった男が多いねと言われたりします。

気どりながら吠えるあいつと冷めた夕飯
水彩画やフォトなど美術が好きな方だと思うし、絵も下手ではないけれど、写真が非常に下手だ。
なのに、前、機嫌よく、ソニーの一眼を重宝していた時期もあり、なにがなんでも持ち歩いたりした。
面白いほど視点が合ってなかったり、変なアングルなので、カメラがかわいそうだった。
けれど、レンズや写真の加工はやっぱり最高に楽しいと感じる!

陽の見えない水曜の朝はシャワーを

とある夜、私は仲良しの女の子と、都内から下道を使用し、由比ヶ浜に向かった。
なぜかと言うかは、趣味のデジタル一眼で夜景を撮影するためだったが、なかなかうまく写せない。
海岸は久々だったので、しばらくするとサンダルを脱いで海の中に入りはじめた。
それも飽きて、砂浜で小さな城を作ることをして遊びはじめた。
この時位までは、確かに近くに置いていた白い一眼。
たくさんはしゃいで、帰宅の最中、ガソリンスタンドで私の一眼がない事に気が付いた。
あきらめてマンションまで帰るも、それからしばらく、とても切なくなった記憶がある。
数多くのメモリーが入っていた私の一眼、今はどこにあるんだろう?

天気の良い月曜の昼に昔を懐かしむ
会社に勤めていたころ、まったく退職するチャンスがこなかった。
どうしても退職したかった訳ではないから。
続ける気持ちがないのかもしれない。
考えるのが面倒で、その日は、はっきりと辞めると言った。
こんな日になぜかは分からないが、普通はすごく仕事が細かいと思っていたKさんが、声をかけてきた。
話の中で、この事情を知るはずもないKさんが「この業種、難しいよね。だけど君はもう少し続くよ」と言ってきた。
Kさんに助けられて、胸が痛くなった。
私は、会社の帰りに、上司に辞職を受理しないようにしてもらった。

雨が降る金曜の夕方に食事を

店の中の客は、ほとんどが日本人だという感じだったのでその不思議な光景にも驚いた。
店の中のお客様は、ほぼ日本人観光客という状態だったので、その不思議な光景にも驚いた。
それは、韓国コスメは肌に良い成分が豊富に含まれているとか。
もちろん、コスメにも感動はあったけれどショップの店員さんの日本語能力にも凄いと思った。
簡単な会話なのかもしれないが、日本語が上手い。
私は、頼りない韓国語を使用できると思って向かった韓国だったが、使わなくても大丈夫なようだ。
必要に駆られれば、しっかり学べば外国語を話せるようになるという事を知ることができた旅行だった。

ゆったりと跳ねるあの子と紅葉の山
ある涼しい日のこと、少年は母親からお使いを言付かって、はくさいとネギとぶた肉を買いに行くところであった。
少年はほくそ笑んだ。
今夜はしゃぶしゃぶだ!やったぁ!…と。
だが、予想だにしない事が次の瞬間に起きたのである。
なんと、ズボンのポッケに入れていたおつかい用のお金2千円が、無くなっているのだ!
少年はお店のレジの行列に並ぼうとする時、まさかとは思っていたがポッケの中に手を入れて確認してみたのだ。
そして、その瞬間、お金が無くなっているのに気が付いたのだ。
怒られるのを承知で、少年はしょうがなく手ぶらで家へ向かうことにした。
次からは、お金はクツかくつ下に入れとこう。
少年は悔し涙を浮かべつつ、そう心に決めた。

勢いで自転車をこぐ彼女と飛行機雲

暑い時期にあったことを特にやっていないが、同僚と日曜日、コテージをレンタルして炭を使ってバーベキューを行う。
暑い季節の定番だけれど、まれに、息抜きになる。
男が少ないので、めちゃめちゃ色々と火をおこしたり準備をしないとな。
特に、バーベキューの準備が、女性だと不得意な人がたくさんなので、してあげないと。
なのだけれどたぶん全員でビールをがぶがぶ飲むその時は、ビールをがぶがぶ飲まない様に気をつけよう。

どしゃ降りの仏滅の早朝は椅子に座る
ちいさいころから、本は嫌いじゃありませんでしたが、ただなんとなく、家や図書室にある本を読んでいました。
ちゃんと楽しんで進めるようになったのは、高校時代。
授業で、よしもとばななさんのムーンライトシャドウを学習してからです。
ストーリーは、付き合ったいる人を失ったヒロインの、高校のときの回想からのスタートです。
恋人が死んでしまう経験なんてその当時も今も、ありません。
しかし、高校生の私に主人公の悲しい気持ち重なりました。
初めての気持ちでした。
その子と、当時の私の年齢が近かった事、それもあってだと考えています。
その帰りに、それを買って帰ったのが本購入の一番最初です。
このストーリーは、「キッチン」に収録されている作品です。
随分昔のストーリーですが、ずっと人気のある素敵な本だといわれています。

雲の無い水曜の昼にひっそりと

近くに海があるところに私たちは、家があり暮らしているので、大地震のあとの高潮を両親が気をもんでくれている。
ことのほか大地震後は、家がどのくらい海から離れているのかとか丘は家の近辺に存在するのかとか話す。
自分たちだって怖いのだけど、しかし、面倒なく新しい家も見つかるわけではない。
だけど、しかし、現実に高潮がくるとなった場合に逃走する道を設定しておかないととそう思うですが、堤防近くしか道がないので、あらためて想定してみたら危ないと思えた。

無我夢中で歌う姉妹と冷たい雨
南九州の年配の主婦の方は、いつも、花を霊前にしているから、そのために、切り花が大量に必要で、花農家も多数いる。
夜更けに、原付で飛ばしていると、電照菊の照明がすぐ夜更けに、原付で飛ばしていると、電照菊の照明がすぐ目撃する。
住宅のライトはとっても少ない町なのに、しかし、電照菊電灯はいつも見える。
電照菊照明はしょっちゅう目についても人の往来はめちゃめちゃわずかで街灯の明かりもすごくわずかで、警戒が必要なので、学生など、JRの駅まで送り迎えしてもらっている子ばかりだ。

サイト内メニュー

ページトップへ

Copyright (c) 2015 お日様は大地に潜り闇が来る All rights reserved.