お日様は大地に潜り闇が来る

「悲哀」のことを特別に思っている人って、たくさんいるんだろう。過去の体験や思い込みみたいなのが、「思い」と結びついちゃうことって、確かにありうる話だよね。

ホーム

熱中して口笛を吹く姉ちゃんと夕焼け

甘いおやつが大変好きで、バウンドケーキやだんごなどを自分でつくるけれど、子供が育って作るおやつが限られた。
私と妻がものすごく楽しみながら食べていたら、娘が自分も食べたがるのは当然だから子供も食べてもいいものを自分でつくる。
私は、激甘なものがめっちゃ好きだけれども、娘には砂糖とバターが多い物などはまだ食べさせたくないのでつくらない。
ニンジンやリンゴをいれたバウンドケーキが体にも良いと考えているので、砂糖とバターをひかえて入れて焼く。
笑った顔でうまいと言ってくれたら、とってもつくりがいがあるし、またつくろうと思う。
ここ最近、ホームベーカリーも使ってつくったりする。
そうしたら、簡単だった。
いつもは、自分で一生懸命混ぜるけれど、ホームベーカリーは、混ぜてくれるし簡単だ。

雪の降る木曜の朝に足を伸ばして
私は素肌がそれほど丈夫でなく、すぐにかぶれる。
その上、ボディーシャンプーの素肌に残ってしまうタイプがあまり好きじゃない。
だけど、冬はかなり乾燥するので、添加物の少ないケア用品を使う事にしている。
愛用中の商品の残念な部分は、価格設定が凄く高く、なかなか買えないところだ。

蒸し暑い休日の夜は微笑んで

随分久しぶりのお仕事の日、初めて仕事で組んだAさんは、体格のいい方だ。
初めて会話をしてから近寄りがたく、個人的な会話は全然したことがなかった。
この前、なんとなくAさんの腕まくりした大柄な腕をみて驚いた!
大きめの天然石ブレスが10個以上目に入ったため。
咄嗟に、パワーストーン大好きなんですね!と出てしまったほど。
次の瞬間Aさんは得意げで、いきなりやさしい顔で、それぞれの石の由来紹介してくれた。

喜んで体操するあの人と月夜
請われて、山の竹の除去を力を貸して頑張っていたが、モウソウダケがとてもたくさんできつかった。
知人が土地の管理を両親から継いで、大きな竹が密度がぎっしりとして、伐採しづらかったらしい。
私は、仕事で使う太い竹が欲しかったので、いただけることになり、ありがたくて良かったが、足元も悪い里山から出すのも苦しかった。

月が見える祝日の早朝は窓から

私の娘がマルモダンスをまねしている。
私たちは教えていないけど、2歳だけれど一生懸命まねしている。
どこかでマルモダンスの音が聞こえると、録画した映像を見るとだだをこねて泣いている。
録画したものを見せるとエンドレスでずっと休むことなく見ている。
父親だから、テレビの映像を見続けるより絵本を読んだり、おもちゃなどで体を使って遊んだりするほうが好ましいが、忙しい時はテレビなどにたよってしまう。
少しでも、いっしょに遊んであげたり、絵本を読んであげたりしようと思う。
大きくなったら必ず巣立っていくものだから、今のうちにいっしょに遊んでおくのも私の為だ。

湿気の多い大安の夕方は立ちっぱなしで
各都道府県には、多くの祭事が開催されているようだ。
実際に見たことはないけど、良く知っている祭事は、秩父夜祭りがある。
ゴージャスな彫刻を彫った、笠鉾と屋台の合計6基。
お祭り会館を観光したときに、実際の様子を写したビデオや実際の大きさのそれらを観賞させてもらった。
冬に行われているので、冬祭りという別名でも呼ぶみたいだ。
体験したいし見てみたい祭事の一つである。
もうすぐあるのは、福岡市の放生夜がよく知られ、生き物の殺生を禁止する祭り。
今から大分前には、このお祭りの開催されている間は、漁もしてはいけなかったとの事。
伝統ある祭事も大事だが、私はリンゴ飴の屋台も同じく好きだ。

のめり込んで体操する姉妹とよく冷えたビール

江國香織の小説に出てくる女の人は、陰と陽を持っていると思う。
旦那さん以外との恋愛を責めない。
遊びと、運命的に大切に思っているのは別のたった一人。
そんな女性が多いような気がします。
不倫を陰だと考えれば、結婚生活は陽。
突然別人が入ったように陰が襲ってくる。
不倫に対する善悪は置いておいて、そのストーリーのヒロインを見つめる。
自分の中に新しい恋愛に対する考え方や見方が姿を見せることもありえる。

薄暗い日曜の午後に友人と
東京都でも古くから有名な下町が、台東区浅草。
最も古い仏様が浅草の観音様。
まさにこの頃、浅草寺へご参拝に行った。
珍しく向かう台東区の浅草参り。
再び、自身でちゃんと直視し理解したことが、外国人のお客様がたくさんいること。
いろんな国より旅行客の集うここ浅草だけど、少し以前よりどう考えても増えている。
そもそも、世界一背の高い総合電波塔、東京スカイツリー完成の影響もあると考えられる。
近隣の諸国からは、羽田空港のハブ化でアクセスが良くなったという事で、プラス、ヨーロッパ諸国や欧米からは、着物や和装小物に魅せられてやってくる旅行客が多いのかもしれない。
ともかく、これから先も多くの外国人観光客がやってくるということを予想させられた。
この国の良さをみつけぜひ楽しんで心に残る記念にして欲しい。
一方の私は、仲見世通りを思いっきり散策することができた。
お土産として有名な人形焼と雷おこしなどをたくさん買って、足袋や木刀も見せてもらった。
宝蔵門を抜けると、威厳のある浅草寺本堂が見えてくる。
この瓦屋根は雨に濡れてもさびにくいチタンを使用して、工事を行ったそう。
浅草寺の秘仏の観音様に旅の無事と平和を祈りしっかり御祈願してきた。
今年の頑張りが、必ず実るといいなと。

余裕で口笛を吹く友人と僕

このところ、お腹周りのぶよぶよとした脂肪を頑張って減らそうと思い毎日、筋トレを頑張っている。
子供を自らの足元にのせて数を声を出し数えながら腹筋をしたら、わが子との遊びにもなって、しゃべりだしの子供も数字を習得するし、自らの脂肪も少なくなるし、一粒で二度おいしいことだとばかり思っていたら、はじめのうちは、楽しんでいた小さな娘もすぐにあきて動いてやらなくなってしまった。

天気の良い休日の日没はゆっくりと
社内で関わった女性がいる。
変わった人で、彼女の話はどれも面白かった。
おまけに彼女は資格マニアだということ。
幼稚園教諭の免許、クレーン免許、通関士。
英検1級、総合旅行業務取扱主任者、そして、元CAさん。
公認会計士もパスしていると噂。
さすがにこのことを幼馴染に話したら、君の勘違いじゃないかと思う、など言われたけれど。
彼女は、父親と同い年の専務と職場結婚で退職していった。

サイト内メニュー

ページトップへ

Copyright (c) 2015 お日様は大地に潜り闇が来る All rights reserved.